トイレの排水管が詰まって水漏れするパターン

排水管が使われている場所として、水漏れが大参事につながってしまうのがトイレです。1回で非常に多くの水を流していく場所で、詰まってしまって水漏れを起こせば、周辺に汚水が流れて大きな問題になってしまいます。しっかりと流れるような条件を作るとともに、解決できないときは、水道 修理業者に依頼して、直してもらうことも選択肢です。

■節水のつもりが汚水を流せず詰まらせる

トイレは汚物を流すという役割を持っています。そのため、排水管も他の設備とは違いますが、詰まってしまって流れなくなり、水漏れにつながることがあるでしょう。大きな問題になってしまいますが、やってはいけないこととして、水量を減らす方法です。タンクの中にペットボトルを入れて、全体量を減らしてしまう節約方法としてテレビなどで紹介されました。しかし、この方法は、適切な水量を確保できなくなります。トイレは初めから必要な水量を計算して作られているため、このような方法をとると流すことができなくなり、詰まってしまうことが出てきます。非常に高いリスクを抱えることになるのを理解しなければいけません。何度繰り返しても必要な水量を確保できないのですから、まったくもって意味のない方法です。

■詰まってしまってさらに水を流す

水漏れにつながるきっかけは何かといえば、便器の容量を超えて水が流れ込んでしまうことでしょう。1回詰まった段階の水量であふれて水漏れするようなことはない設計です。つまり、排水管に詰まった状態で、何回も繰り返して流してしまうと、そのうちあふれてしまうことになるでしょう。詰まった段階で解消する必要がありますが、まずは落ち着くことが必要です。だいたい焦って繰り返すため、あふれてしまいます。詰まっている状況を解消するため、ラバーカップを使って詰まりの原因を引き出すだけでも、解消できることがあります。問題はこれでも解消しないケースです。根本的に流れないようなものが詰まっていれば、ラバーカップで対処できません。専門業者に依頼して解消させることが一番でしょう。

■まとめ
トイレで詰まってしまうのは、大きな問題を引き起こしていきます。しっかりと流せるように設計もできているため、自分たちで判断して節水などは行わない方がいいでしょう。もしも、節水したいのであれば、新しいものに交換すると、かなりの効果を発揮させることができます。掃除もしやすくなり、詰まって水漏れすることもないのですから、有効な手段となるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ