お風呂場の排水管の水漏れを予防する

排水管からの水漏れは、見えるようなところであれば大惨事になる前に発見できることもありますし、対処も考えられます。ところが、風呂場のように大量の水を流すものの、その配管は見えない場所に設置されているという場合、水漏れをしていても気が付かないことがあります。水道 修理業者に依頼して点検してみる方法もありますが、日常から詰まったりして負担をかけないことが重要です。

■石鹸などが流れを阻害する

風呂場は身体や髪を洗う場所です。その時に石鹸も使いますし、洗ったときの髪の毛も流れます。シャンプーや石鹸を使用し汚れ巻き込んで排水管に流れていくでしょう。問題は、石鹸カスなどが排水管に付着することです。排水管の内部でどんどんと汚れが蓄積し、径は細くなっていきます。付着した汚れは、臭いのもとになり、清潔な環境も保てません。細くなって異物が詰まると、流れずあふれたり水漏れの要因ともなってきます。
この原因を取り除く必要がありますが、お湯を流しても髪の毛などは溶けたりしません。そこで、配管用の専用クリーナーを使って除去するのが有効です。こうしたクリーナーを使い、定期的に清掃をおこなえば、排水管の負担も下げられるでしょう。
こうした薬剤を使用する時には、換気を十分に撮ったうえで、説明を守ることが大切です。使用方法を誤ると、排水管を傷めるだけではなく、有毒ガスが発生することもあります。用法や使用容量は必ず守るようにしましょう。

■人間の皮脂がカビの温床にもなる

カビの問題からも、水漏れは衛生環境に大きな影響を与えます。湿度が高くなるだけではなく、人間の皮脂などがこびりつくだけでも、カビが生えやすい条件を作ります。ほんの少しの手間ですが、入浴後に壁にお湯をかけて流すことが大切です。風呂場の衛生環境を保て、洗ったお湯が流れた配管内の皮脂も落ちやすくなり、汚れの付着防止に役立ちます。
排水口周りは、汚れも目視でとりのぞけるでしょう。ところが、排水管の内部まで浸透して詰まると、トラブルとして大きな問題になってしまいます。最悪のケースとしては、流れなくなり逆流してあふれることも起きます。普段からメンテナンスするだけでも違いが出るため、気をつけていきましょう。

■まとめ
どうしても流れないときには、専門業者に依頼して洗浄剤を使って流してしまう方法があります。実際に理想的な方法で、配管にも配慮しながら清掃をおこなってくれるため、長いスパンを考えた時に有効です。洗浄剤は熱を発するものもあり、素人で扱えるようなものではありません。どうしても流れないで水漏れが起きることもあるのですから、解消できる手段として覚えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ