排水管の水漏れにつながるごみやぬめりの対策

排水管は、水を使うところなら必ずあります。キッチンはその典型ですが、水漏れをしてしまうとシンクから水が溢れ日常生活に大きな影響が出ます。排水管に食材などのゴミが詰まってしまう状況を作れば、排水管自体にダメージを与えることになるため、水漏れを誘発させることにつながるでしょう。注意しておけば未然に防ぐことができるので、キッチンでも対処していく必要があります。

■ゴミが流れてしまわないように

キッチンの排水管は、常に大きな負担がかかっていきます。太い配管が使われていますが、日常的にいろいろなものが流れやすいため、気にしていても詰まってしまうことがあるのです。水切りネットなどを使い、決して食材などのカスが流れないようにしておきましょう。水切りネットを使っているだけでもかなりの量を抑えることができますし、配管内でとどまって臭いが出てしまうようなことも防げます。配管のダメージを抑えるためにも必要な措置のため、必ず使うようにするべきです。キッチンの排水管としては、お金をかけずに手軽に行うことの出来る対処方法でしょう。

■排水管のぬめりも落とす

詰まりにつながる原因としては、排水口に発生するぬめりも問題です。こうした汚れがたまっていき、やがて排水管にもダメージを与えます。こまめに除去していくだけでも、清潔化環境を維持でき、トラブルも減らせるようになるでしょう。
ぬめり取りには、重曹と酢を使う方法が効果的です。重曹を排水口にたっぷりとふりかけ、そこに酢をかけるだけで、かなり除去できます。重曹の半量の酢をかけて5分程度待つだけで落とせる手軽な方法です。重曹を流すときにぬるま湯を使えば、さらに効果をあげられます。もちろん、パイプクリーナーなどを使用して落としていく方法もありますが、重曹なら手軽で、有毒ガスの発生といった心配もありません。

■まとめ
詰まりの予防として、実際に異物を流さないのは当然です。汚れを落としておくだけでも排水管にかかる負担が下がります。詰まりが重度の状態になると、出来るだけこまめに汚れを落とすなどしていても、詰まってしまう状況を回避できません。どうしても心配な場合、定期的に水道 修理ができるところに依頼して、排水管を清掃しておくといいでしょう。定期的に汚れを落としておくことで、詰まりへの心配が少なくなります。一緒に点検もできるため、水漏れしてしまうような状況も避けられます。対策をしていても排水管は容易にはどのような状況になっているのかがわからないため、点検もうまく活用するのが予防策のポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ